若ハゲにつながりやすい要因

若ハゲにつながりやすい要因

では若年性脱毛症の抜け毛と普通の抜け毛の違いを見分ける方法はあるのでしょうか。

 

抜け毛が多くなると同時に髪の毛が急激に細く弱々しく、短くなっているようであれば、かなり若年性脱毛症の可能性が高くなります。

 

普通の抜け毛の場合には、ヘアサイクルによる健康的な抜け毛ですから、髪が弱々しくなることも全体的に髪のボリュームがダウンする事もありません。

 

父親がハゲていたり、特に母方の祖父がハゲている場合には、ハゲが遺伝する可能性が高いと言われているので、自分もそうなるかもしれない、と恐れてる方も多いかも知れませんね。

 

遺伝的な要素も多いのですが、若ハゲになるのはほかにも原因が考えられます。

 

夜更かしを毎日のようにしていたり、タバコをたくさん吸っていたり、毎日のように大量にお酒を飲んだり、脂っこい食事やインスタント食品をたくさん食べている人は、若禿になる可能性もかなり高くなります。

 

また性格的なものも影響するようで、イライラしやすい、興奮しやすい、くよくよと悩みやすい性格の人は、若ハゲになりやすいと言われています。

 

遺伝的なものはどうすることもできませんが、食事や生活習慣の見直し、そしてあまりイライラせずにリラックスすることが大切です。

▲若ハゲにつながりやすい要因 上へ戻る
若ハゲにつながりやすい要因 先頭へ戻る